クラミジアに感染すると

woman taking pill

クラミジアはクラビットジェネリックを使用することで治療可能ですが、まずクラミジアがどういったものかを見ていきましょう。

クラミジアは性感染症の中でも特に感染者が多いと言われています。
特に10~20代の若者に多く、性に対する興味関心が強くなった一方で、性感染症に対する意識が低いのではと危惧されています。
クラミジアにも種類があり、性器クラミジアや咽頭クラミジアがあります。
性行為によって感染・発症するのは性器クラミジアであり、性器やその周辺に症状を発症します。
しかし、最近ではこの咽頭クラミジアにも注意が必要です。
これまでは咽頭への感染者が少なかったのですが、最近はオーラルセックスをおこなう男女が増えていることから、咽頭クラミジアが増えているのです。
一般的に性感染症は性器から感染するものだと思われていますが、喉から感染することもあるのです。
オーラルセックスが一般的になりつつある現代では、特に気をつけなければいけません。
クラミジアに感染してしまうと、感染部位やその周辺に痒みや痛みを感じるようになりますが、ひどい場合、さらに上の症状が出てしまいます。
男性の場合は尿道、女性の場合は卵巣に炎症が起きてしまうなど、放ってはおけないものですので、クラビットジェネリックでの迅速な治療が要求されるのです。

また、感染症ですので、感染していることがわかったら、当然パートナーである女性も感染を疑うべきでしょう。
どちらが感染源かは別にして、感染させられた、もしくは感染させてしまった可能性が高いです。
クラミジアに感染した場合は、必ず男女ともにクラビットジェネリックによる治療をするようにしましょう。